OTOKOGIC

ボクの恋愛戦記(偽)

最高に魅了的な男になるための男磨きの習慣誌。 理想の彼女を見つける旅の途中。最高の人生を歩むゲームのつづき。

プロフィール

タキのプロフィール

f:id:takikun67:20170211043305p:plain:w300

理想の彼女を作るべく日々男を磨く大阪のサラリーマン。
フツメンから全ての女の子を魅了する男へ。
全ては最高の人生を歩むために。

【PUA・恋愛工学生/兼業投資家/バイリンガル30歳までに極めます。

自己紹介

名前:タキ、瀧 (Taki)
年齢:20代前半
趣味:筋トレ、海外旅行、読書、投資
地域:大阪(福岡)
タイプ:圧倒的清楚系
将来の夢:福岡で理想の奥さんと悠々自適な生活を送る

2017年の目標(2017年3月からスタート)

今年の目標(2017年12月31日まで)を以下に表明します。

1. 理想の彼女を作る
2. ジムに通って筋トレを継続する
3. 30即を達成する(ネトナンもカウントする)
4. TOEIC 650点以上の取得
5. 株式投資の知識を身に付けて成果を出す
6. 毎月4冊以上の読書およびブログ作成
7. 毎月3つ以上のブログ記事の作成

また追加するかもしれませんが、ここに書かれていることは必ず達成します。
最高の人生を掴み取るために今を全力で走ります!
来年の2018年1月1日に全て振り返るので期待しておいてください。

知識を潜在意識に!ぼくの読書法。

f:id:takikun67:20170212163611p:plain:w400

はい、皆さんこんにちは。タキです。
今日も男磨きしてますか?

この記事では、僕の読書法について纏めていきます。
皆さんも、心の男磨き、「読書磨き」を行っていきましょう。
歯磨きをするかの如く読書を習慣化し、思慮深い大人な男に。


僕の読書スタイル

皆さんは、どのような読書をしていますか?
ひたすら多読派?スピーディに速読派?それとも、じっくりと熟読派?

話は変わりますが、現在では学生、主婦、ビジネスマンなど様々な人が読書をしており、多くの本が出版されています。 米Google社の調査によると、全世界で出版されている本の冊数は2010年時点で約1億2千万冊だそうです。

昨今では、情報化が進み電子書籍が普及するなど読書という文化はまだまだ健在のようですが
スマートフォンが普及し、WEBやサイトで情報をインプットする人が増えたために読書をする人は減少しているように思います。

僕からすれば読書をしない人は本当に損をしていると思います。
よく冗談交じりに「それ、人生の半分は損してるよ?笑」というフレーズを日常会話で使うことがありますが、こと読書に関しては該当しています。

特に僕も含めた若い世代の方々は、貴重な『時間』という資源を無駄にしないためにも読書をするべきです。

ネットの情報は確かに無料で良質なコンテンツもたくさんありますが、信用性に欠ける情報もたくさん存在します。
情報の取捨選択ができれば良いですが、今の僕には難しいため質の高いインプットを維持できません。 その点、読書はお金というコストがかかるため内容に関して、基本は多くの人が認めるものでないといけません。 中にはひどい内容の本もありますが、ネットに比べればはるかに信用性はあります。

読書は昔から人類が発展する上で欠かせないものであり、男を磨くには最強のツールであることは言うまでもありません。
詳しいことは下の記事に纏めているのでぜひ一読してみてください。

takibook.hatenablog.com


少し熱くなりました。
本題のぼくの読書法ですが、『自分が決めた本を何度も読み込む少読派』です。

僕は読書を行う理由として主に仕事術やライフハックなどの男磨きに重きを置いています。
なので、自分の実生活に知識を還元することが最優先なのです。
そのために、自分が「コレだ!」と思った本を何度も読み込み、自分の潜在意識に叩き込みます。
期間を開けたら、また大事なとこをスピーディに、何度も読書を繰り返す。

これが僕の圧倒的な読書実践法です。

皆さんも、過去に読んだ好きな本があれば、定期的に読んでみてはどうでしょうか。
それでは!

Plus Ultra

読書は最強の男磨き術。

f:id:takikun67:20170213013134j:plain:w700

はい。皆さん、こんにちは。タキです。
今日も男磨きしていますか?

さて、今回は皆さん大好きな読書についてです。 読書とは、人類が生み出した最強のインプットツールであり、永遠に消滅することのない優れた文化です。
僕は本の偉大な価値について知っているつもりですが、つい忙しかったり、気が緩むと読書を怠りがちになります。 なので今回は自戒の念も込めて、読書が最強の男磨きであるということをココに纏めたいと思います。

※ この記事では本のジャンルを主にビジネス書や自己啓発書にフォーカスして書いています。


ぼくの読書

皆さんは、読書はどういうモノだと認識していますか?


僕は、 仮面ライダーの変身ベルト』と思ってます。

・・・今「こいつ何言ってんだ、本の紙みたく薄っぺらい考えしやがって」って思った方。
僕が仮面ライダーフォーゼ福士蒼汰くんばりの髪型に変身させていいですか?
僕はいたって真剣です。

読書は、生まれ持った才能がない人ほど読書をする必要があると考えています。
なぜなら、読書をして知識をインプットし定着させるだけでどんな人でも優れた人に近づくことができるからです。
本とは、これまで数々の偉人や有能なビジネスマンたちが考えや価値観を文字という形で残したものです。

すなわち、本を読むことは幾多の偉大な知恵や経験を、わずかな投資で自分に取り入れる事ができる唯一のツールなんです。
コンピュータでいうところの、WindowsMAC OSなどの基盤をインストールするためのソフトウェアにあたると思います。
人間のOSである人格をより良いものに更新し、成長させてくれる。それが書物です。

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。
デカルト(フランスの哲学者、数学者 / 1596~1650)

ただし、皆さんも承知と思いますが、本を読むだけでは何も変わりません。
読んだ内容をすぐに行動に移す、これが最も重要であり、僕も肝に銘じていることです。

本の知識を、行動して自分のモノにする方法は今度記事に纏めたいと思います。

自分のモノにする一つの方法としては、何度も同じ本を読み込む読書法があります。
僕は、これを全力でオススメします。 詳しいことは、こちらの記事を読んでみてください。

takiotokomigaki.hatenablog.com


読書のメリット

何事も理由や目的がないとモチベーションの維持ができず、継続はできません。 そこで自分が思う読書のメリットを纏めます。
僕もモチベーションが低いときはこのメリットを見直して読書に勤しみたいと思います。

物事を多角的に考えることができる

著者の価値観や知恵に触れることで、多くの良質な情報をインプットできる。
多くの考え方を知っておくことで、先入観に捉われず多角的に考えて行動することができる。

物事に対して、様々なアプローチができるため自分の世界が広がり豊かになる。


人として深みが出る

様々な語彙や言葉を使用しているので、自分のものにすることで自分の考えを的確に表現できるようになる。 また、表現力が豊かになることで、コミュニケーション力が向上し人脈が広がる。

ストレスを防止し、決断力が高まる

読書は強制的に自分の時間を作ることができるので、自分を見つめ直すことができる。
瞑想と似たようなもので、ストレス社会の現代において脳や心を落ち着かせることができる。 さらに心の余裕から自信がつき、共感力や決断力を高め、人生の満足度を引きあげる。

成功者になれる

統計データでは年収1000万以上のビジネスパーソンのほとんどは読書家である。また、マイクロソフトビル・ゲイツソフトバンク孫正義を始めとする多くの偉大な経営者も読書家である。
大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍と言われており、それほどまでに成功者といわれる方々の読書量には半端ないものがある。
知識の豊富さこそが様々な事業ヒントを作り出し、問題解決の糸口にもなり、またコミュニケーション能力の向上にも繋がる。

多くの成功者が読書をしているのは、何かしらの成功する要因が読書に存在しているのは確かだ。
すなわち、読書をして行動することで誰でも成功者になれる。

読書は学問の手段である。学問は実践への方法である。 実地に臨み経験を積んでこそ、勇気と力が生まれるはずである。
福沢諭吉


最後に

皆さんも本を読むだけで、あの偉人や優れたビジネスマンに近づけると思ったらワクワクしませんか?
僕は、本屋に行くといつもドキドキしてます。大量の本(知識)を目の当たりにして、「これだけの本を自分に吸収できたらどれだけ成長できるんだろうか。」と胸がいっぱいになります。

しかし、読書も継続しなければ成功を掴み取ることはできません。
続けるためには、全て吸収しようと気負いせずに"読書"という行為を楽しむこと。

今、読書した経験は必ず未来の自分を大きく変える。

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである。
松下幸之助


読書は時間と少しのお金を投資するだけで誰にだってできます。 どんな凡人でも偉大な経験や価値観を共有して行動することで成功者に変われます。
僕はそう信じています。 それを凡人代表の僕が証明してやります。

そうして、タキは今日も理想の男になるために読書をするのであった。
それでは!

Plus Ultra

ナンパをする理由

僕はナンパで理想の彼女を手に入れたいと考えています。
なぜナンパをしようと思ったのか。なぜPUAになろうと決意したのか。
決意表明も兼ねてココに纏めます。

f:id:takikun67:20170128225432p:plain:w400

僕のナンパする動機

ナンパという行為は世間一般的にあまり良い印象を持たれていません。
普通の人からすればナンパは「へい、そこの可愛いおねーちゃん。ちょっとお茶しなーい?」
というチャラついたイメージが強いので仕方ないですよね。

確かにナンパをする人には様々な動機があります。
例えば、

  • とにかく女の子とヤリたい
  • 理想の彼女を見つけたい
  • コミュニケーション能力を高めたい
  • 童貞を卒業したい

などがあります。恐らく現状の一般的な認識は一番目の動機を想像する方が多いですね。

様々な人がいますが僕がナンパをする一番の目的は
「全ての女の子を魅了できる男になるため」です。

ナンパは自己啓発としての一面もあり、海外では一つの文化として定着しています。
また、欧米ではいわゆる"ナンパ師"のことを一般に"PUA"とはPick Up Artist(ピックアップ・アーティスト)と呼びます。
いわば、見ず知らずの魅力的な女性との出逢いを創造する「芸術家」であり、女性を楽しませ、女性を敬い、女性の人生に貢献できる「Gentleman」である。
賛否両論あると思いますが、僕はこのように考えています。

僕はナンパで理想の彼女を作りたい。
そして何より最高の人生をこの手でPick Upしたい。

経緯

僕は昔から恋愛には奥手中の奥手で気になる子がいても
自分から告白なんて絶対できないシマウマ野郎でした。
「あー、これ一生童貞だな。もっと顔がイケメンだったらな、クソ…」
と僻むばかりで何も行動せず、ただダラダラと過ごしてました。

そんな中、大学の文化祭打ち上げでのこと。
「バンドかっこよかったです!LINE交換してください!」と
ある後輩の女の子が話しかけてくれました。
(当時、モテるだろうと友人から誘われるがままドラムをしてた)
今思えば顔は可愛くない方だと思いますが、恋愛HPがすでに0だった僕には
それはもう天使のように見えました。

それから、お付き合いするようになりとてもピュアな恋愛をしました。
必死にバイトをして、給料は全部彼女のために使いました。 記念日には毎回、お洒落なお店を予約してサプライズもしました。
本当に幸せな日々でした。
ですが、ちょうど1年記念日を迎えようとしたとき突然別れを告げられました。

彼女が大好きで依存しまくっていた僕にとっては地獄でした。
食欲が沸かず、食べてもすぐに吐き出す。という生活が続きました。
「これではダメだ。何か行動するぞ。」と思い、色々と調べていく内にある本に出会いました。

まとめ

僕は世界中を旅行して、趣味を共有して、苦楽を共にできる理想の女の子を見つけたいんです。(※ただし可愛い女の子に限りますがw)
最終的には「理想の女の子と結婚し、幸せな家庭を持つため」なので早い婚活ともいえます。

そのためにはまず自分が理想の男になる必要があります。
理想の彼女と付き合うにはそれ相応の対価(自分の価値)が必要となるからです。
人は似たような価値観の人と惹かれあう傾向にあり
可愛い女の子と長期的な付き合いを考えるなら常に相手を魅了し続けなければなりません。

f:id:takikun67:20170131021948p:plain:w200

ナンパは世間から邪険にされる迷惑行為かもしれない。
多くの人から利己的な人間に思われるかもしれない。

それでも、僕はやります。運命の女の子とハッピーエンドを迎えるために。

何より、たった一回の人生を無駄にしたくないから。
結局は何をしても批判される世の中なら
自分がやりたい事をやるべきだと僕は考えます。
とくに若いうちはとにかく行動して多くの経験を積むことが大事だと肝に銘じています。

僕は全ての女性に愛をもって紳士的に接する。
相手が一緒におって楽しいな、もっと知りたいなと思うように。
そのために日々男磨きを行い、魅了する男になる。

これだけは大切に今を全力で行動していきます。

タキ値(スト値)

タキ値とは女性の容姿のレベルを表す個人的に定めた指標です。
僕が理想の彼女を作る際に容姿や外見は重要なファクターであり、客観的に考察する必要があります。
以下がその各値のイメージと過去の即数です。

タキ値 イメージ 過去の即数
10 新垣結衣 -
誰もが認める美女 -
街中でひときわ輝いてる -
読者モデル並 -
タイプ -
目に入る -
普通 -
友達に見られたくない 2
ごめんよ -
来世に期待 -

このブログについて

f:id:takikun67:20170211000057p:plain

このブログ「OTOKOGIC」は20代サラリーマンの僕がが魅力的な男になって人生を謳歌するためのブログです。僕が実際に実践した男磨きを習慣化するために記録として纏めていきます。

フツメンの僕が最高の人生を掴むことができれば、皆さんも同じプロセスを経ることで成功できるのではないか。
少しでもこのブログが人の役に立って、他者貢献に繋がればいいなと思い開設しました。
自分が最高の男になるためにブログを書き、それを見て少しでも他者に影響を与えることだができたなら、これ以上に嬉しいことはありません。

人は21日間、同じ事を継続すると自分の習慣として身に付くそうです。なにか一歩踏み出すことをためらっているならとりあえずやってみて、21日間継続してみてはどうでしょうか。

僕は、人は習慣で決まると思っています。習慣が人生を大きく左右し、成功へと導く鍵になるのは間違いありません。
『継続は力なり』という僕が大好き諺は真実であり、継続するだけなら誰にでもできます。
そう、僕にだって。あなたにだって。

一回しかないこの人生。必ず最高の男になって、謳歌します。


“ We are what we repeatedly do. Excellence, then, is not an act, but a habit ”
人格は繰り返し行うことの集大成である。それ故、秀でるためには、一度の行動ではなく習慣が必要である。
——— アリストテレス

 成果をあげる人に共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつけるうえで必要とされる習慣的な力である。起業や政府機関で働いていようと、病院の理事長や大学の学寮であろうと、まったく同じである。私の知るかぎり、知能や勤勉さ、想像力や知識がいかに優れようと、そのような習慣的な力に欠ける人は成果をあげることができなかった。
 言いかえるならば、成果をあげることは一つの習慣である。習慣的な能力の集積である。そして習慣的な能力は、常に習得に務めることが必要である。習慣的な能力は単純である。あきれるほどに単純である。七歳の子供でも理解できる。掛け算の九九を習ったときのように、練習による習得が必要となるだけである。「六、六、三六」が何も考えずに言える条件反射として身につかなければならない。習慣になるまで、いやになるほど反復しなければならない
——— P・F・ドラッカー(『マネジメント』著者)

内容について

記事のジャンルは主に男磨きの情報・実践、雑記です。
理想の男になるためには経済的、肉体的、精神的の3つの側面から磨く必要があります。
本ブログのカテゴリーを細分化すると

  • 男磨き(習慣/耳より情報)
  • 恋愛(ナンパ/恋愛工学)
  • 筋トレ
  • 読書
  • 雑記

から構成されています。ナンパについてはこちらを参照ください

最後に

記事を見て少しでも参考になったらぜひ「いいね」や「コメント」、SNSでの評価お願いします。
僕のモチベーションとテンションが高まります。そして、何よりの励みになります。
ご連絡はTwitterまでお願いします。