OTOKOGIC

ボクの恋愛戦記(偽)

最高に魅了的な男になるための男磨きの習慣誌。 理想の彼女を見つける旅の途中。最高の人生を歩むゲームのつづき。

知識を潜在意識に!ぼくの読書法。

f:id:takikun67:20170212163611p:plain:w400

はい、皆さんこんにちは。タキです。
今日も男磨きしてますか?

この記事では、僕の読書法について纏めていきます。
皆さんも、心の男磨き、「読書磨き」を行っていきましょう。
歯磨きをするかの如く読書を習慣化し、思慮深い大人な男に。


僕の読書スタイル

皆さんは、どのような読書をしていますか?
ひたすら多読派?スピーディに速読派?それとも、じっくりと熟読派?

話は変わりますが、現在では学生、主婦、ビジネスマンなど様々な人が読書をしており、多くの本が出版されています。 米Google社の調査によると、全世界で出版されている本の冊数は2010年時点で約1億2千万冊だそうです。

昨今では、情報化が進み電子書籍が普及するなど読書という文化はまだまだ健在のようですが
スマートフォンが普及し、WEBやサイトで情報をインプットする人が増えたために読書をする人は減少しているように思います。

僕からすれば読書をしない人は本当に損をしていると思います。
よく冗談交じりに「それ、人生の半分は損してるよ?笑」というフレーズを日常会話で使うことがありますが、こと読書に関しては該当しています。

特に僕も含めた若い世代の方々は、貴重な『時間』という資源を無駄にしないためにも読書をするべきです。

ネットの情報は確かに無料で良質なコンテンツもたくさんありますが、信用性に欠ける情報もたくさん存在します。
情報の取捨選択ができれば良いですが、今の僕には難しいため質の高いインプットを維持できません。 その点、読書はお金というコストがかかるため内容に関して、基本は多くの人が認めるものでないといけません。 中にはひどい内容の本もありますが、ネットに比べればはるかに信用性はあります。

読書は昔から人類が発展する上で欠かせないものであり、男を磨くには最強のツールであることは言うまでもありません。
詳しいことは下の記事に纏めているのでぜひ一読してみてください。

takibook.hatenablog.com


少し熱くなりました。
本題のぼくの読書法ですが、『自分が決めた本を何度も読み込む少読派』です。

僕は読書を行う理由として主に仕事術やライフハックなどの男磨きに重きを置いています。
なので、自分の実生活に知識を還元することが最優先なのです。
そのために、自分が「コレだ!」と思った本を何度も読み込み、自分の潜在意識に叩き込みます。
期間を開けたら、また大事なとこをスピーディに、何度も読書を繰り返す。

これが僕の圧倒的な読書実践法です。

皆さんも、過去に読んだ好きな本があれば、定期的に読んでみてはどうでしょうか。
それでは!

Plus Ultra

広告を非表示にする