OTOKOGIC

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクの恋愛戦記(偽)

最高に魅了的な男になるための男磨きの習慣誌。 理想の彼女を見つける旅の途中。最高の人生を歩むゲームのつづき。

このブログについて

f:id:takikun67:20170211000057p:plain

このブログ「OTOKOGIC」は20代サラリーマンの僕がが魅力的な男になって人生を謳歌するためのブログです。僕が実際に実践した男磨きを習慣化するために記録として纏めていきます。

フツメンの僕が最高の人生を掴むことができれば、皆さんも同じプロセスを経ることで成功できるのではないか。
少しでもこのブログが人の役に立って、他者貢献に繋がればいいなと思い開設しました。
自分が最高の男になるためにブログを書き、それを見て少しでも他者に影響を与えることだができたなら、これ以上に嬉しいことはありません。

人は21日間、同じ事を継続すると自分の習慣として身に付くそうです。なにか一歩踏み出すことをためらっているならとりあえずやってみて、21日間継続してみてはどうでしょうか。

僕は、人は習慣で決まると思っています。習慣が人生を大きく左右し、成功へと導く鍵になるのは間違いありません。
『継続は力なり』という僕が大好き諺は真実であり、継続するだけなら誰にでもできます。
そう、僕にだって。あなたにだって。

一回しかないこの人生。必ず最高の男になって、謳歌します。


“ We are what we repeatedly do. Excellence, then, is not an act, but a habit ”
人格は繰り返し行うことの集大成である。それ故、秀でるためには、一度の行動ではなく習慣が必要である。
——— アリストテレス

 成果をあげる人に共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつけるうえで必要とされる習慣的な力である。起業や政府機関で働いていようと、病院の理事長や大学の学寮であろうと、まったく同じである。私の知るかぎり、知能や勤勉さ、想像力や知識がいかに優れようと、そのような習慣的な力に欠ける人は成果をあげることができなかった。
 言いかえるならば、成果をあげることは一つの習慣である。習慣的な能力の集積である。そして習慣的な能力は、常に習得に務めることが必要である。習慣的な能力は単純である。あきれるほどに単純である。七歳の子供でも理解できる。掛け算の九九を習ったときのように、練習による習得が必要となるだけである。「六、六、三六」が何も考えずに言える条件反射として身につかなければならない。習慣になるまで、いやになるほど反復しなければならない
——— P・F・ドラッカー(『マネジメント』著者)

内容について

記事のジャンルは主に男磨きの情報・実践、雑記です。
理想の男になるためには経済的、肉体的、精神的の3つの側面から磨く必要があります。
本ブログのカテゴリーを細分化すると

  • 男磨き(習慣/耳より情報)
  • 恋愛(ナンパ/恋愛工学)
  • 筋トレ
  • 読書
  • 雑記

から構成されています。ナンパについてはこちらを参照ください

最後に

記事を見て少しでも参考になったらぜひ「いいね」や「コメント」、SNSでの評価お願いします。
僕のモチベーションとテンションが高まります。そして、何よりの励みになります。
ご連絡はTwitterまでお願いします。

広告を非表示にする